住宅の持分割合や債務の負担割合等にもよりますが、子に格別負担できない事情がなく子の負担分も肩代わりかつ持分割合を変えないのであれば、贈与税の対象になってきます。

保険金は本来、夫が受取人であり、相続税基本通達3-12に該当しない場合、合理的理由がなければ子が受取人とはならないため、贈与税の対象となります。