島田哲宏

・平成13年3月  明治大学商学部産業経営学科卒業
・平成13年9月  前沢会計事務所
(現マエサワ税理士法人)入社
・平成22年8月  島田哲宏税理士事務所開業
【役職】
・一般財団法人 大蔵財務協会 アドバンス・パートナー
・全国事業再生税理士ネットワーク 会員
・曙橋税法研究会 会員(世話人)
・一般社団法人 全国農業経営コンサルタント協会 監事
・日本政策金融公庫 農業経営アドバイザー
・特定非営利活動法人 日本プロ農業総合支援機構 理事
【資格】
・税理士(平成17年)
○セミナーでの研修担当分野
農業融資(個人),農業融資(法人)のテキスト税務編

私の指導に対する考え方

昨今では,農業経営の法人化の進展や,農地法の改正に伴った企業による農業参入の増加により,法人による農業経営が一般化してきています。また,個人経営においては,白色申告者にも記帳・帳簿保存を義務化されたことにより,簿記記帳への取組みが進んでいます。このような背景から,以前に比べて農業経営を財務諸表等から分析できる環境が整ってきました。本講座では,農業簿記・税務,経営分析に関する講義を通じ,農業経営の財務諸表等がどのように作成されるのか,農業経営をどのように分析するのかについて理解を深めていきます。本講座を通して,農業経営を分析する素地を作り,農業現場と財務諸表等とが結びついていくことを目指します。

研修の狙い

農業融資(個人)研修では,「個人経営体」への対応力強化を目的とし,農業簿記特有の処理を学習するほか,所得税の青色申告決算書の構造を理解する。
農業融資(法人)研修では,「法人経営体」への対応力強化を目的とし,農業簿記・税務に関する基本的事項のほか,財務分析,法人化の検討に関する事項を理解する。

財務 クリックすると研修内容が表示されます。

研修コースの内容

・農業融資(個人)研修
・農業融資(法人)研修