経営者コース

カリキュラム

第1部(Step1)

「JAバンクシステムを理解する」
「銀行監督の考え方を学ぶ」
「変革の時代に向けたビジョンを立てる」

Day1
AM9:00~12:00 【農林中金】
・オリエンテーション
【農林中金 JAバンク統括部】
・JAバンクシステムの今後を考える
PM13:00~18:00 【系統有識者講議】
【経営戦略】
・我が国の変化の潮流
・世界の金融・日本の金融の変化
・JAのあるべき姿とは
18:00~ 交流会
Day2
AM9:00~12:00 【経営戦略】
・変革ビジョンの策定
各種分析からの環境認識
基本戦略の方向性を知る
あるべき姿(ビジョン)を考える
PM13:00~18:00 【農林中金】
・コンプライアンス態勢の構築
【内部統制】
・内部統制の仕組み
・事務リスク管理
・信用リスク管理と資産査定1
Day3
AM9:00~12:00 【内部統制】
・信用リスク管理と資産査定2
・金融検査のあり方と基本的な考え方
PM13:00~16:00 【内部統制】
・信用リスク管理と資産査定3
・まとめ

第2部(Step2)

「銀行監督の考え方を学ぶ」
「経営・マーケティング戦略概論と戦略策定」 「経済の見方を学ぶ」

Day1
AM9:00~12:00 【内部統制】
・検査指摘事例
コンプライアンス関連
資産査定・信用リスク管理
PM13:00~17:00 【内部統制】
・検査指摘事例
【農林中金 債券投資部】
・経済指標の見方と有価証券運用の留意点
18:00~ 交流会
Day2
AM9:00~12:00 【経営戦略】
・第1部の振り返り
・経営戦略/マーケティング戦略
・個人面談

【経営戦略】
・将来ビジョン・戦略の方針を検討する
PM13:00~16:00
18:00
Day3
AM9:00~12:00 【経営戦略】
・経営戦略/マーケティング戦略
・個人面談
・次回へのオリエンテーション

【経営戦略】
・将来ビジョン・戦略の方針を検討する
PM13:00~16:00

第3部(Step3)

「変革リーダーとしてのコミュニケーション技術」 「メディア対応のスキルを身につける」「変革ビジョンとアクションプランを宣言する」

Day1
AM9:00~12:00 【経営戦略】
・第1・2部の振り返り
・実行上の課題を考える
PM13:00~18:00 【メディアトレーニング】
・メディア概論
・模擬記者会見
18:00~  
Day2
AM9:00~12:00 【リーダーズコミュニケーション】
・大切にしたい価値観を見つめ直す
・使命と志のビジュアライゼーション
・聴き手に思いをはせ、繋がる
・リーダーとして自分らしく伝える力を磨く


交流会
PM13:00~18:00
18:00~
Day3
AM9:00~12:00 【経営戦略】
・総合セッション
・決意表明
PM13:00~16:00 【経営戦略】
・まとめ
【修了式】

※上記カリキュラムは一部変更となる可能性があります。

本プログラムの特徴

  • 1. 一流の講師陣からわかりやすく講義します。個別指導も織り交ぜます。
  • 2. 講義中心のスタイルではなく、グループ討議や実践に活かせる演習を中心に構成されています。
  • 3. ステップごとに知識やスキルを修得しながら、ご自身のビジョンと戦略への統合を目指します。

<受講対象者>

JA新任信用事業担当役員の方を対象とします。
ただし、組合長の推薦がある場合、新任以外、企画・管理担当役員も対象とします。

<研修参加にかかる費用>

研修受講料/23,400円(消費税含む)
研修会場までの往復交通費、前泊・後泊費用は貴組合でご負担ください。
なお、別途費用をご負担いただき、研修所に前泊することが可能です(後泊はできません)。

<コースの概要>

コースの概要

第4期受講者の声

  • ●  講師の情報収集力はすごい。方向性を認識することができた。座学ではないのが良い。
  • ●  アイデア、創造の大切さ、5年先のあるべきJAの姿を目標に変革していく大切さを感じたと同時に、不退転の決意で自己改革に臨まないといけないと決意した。
  • ●  5フォース、SWOT分析、事業構造分析など、経営戦略の基本が学べた。エネルギッシュな山本先生に感動した。
  • ●  講師の研修内容は、組合員説明会や理事会等で非常に役に立っています!!
  • ●  内容も良いが、研修の進め方や話し方に講師と生徒の一体感があり集中できた。
  • ●  ロールプレイングで検査対応が良く理解できた。金融の流れを具体的に掌握しなければならないと思った。

組合長の声(第3期より)

  • ●  JAの将来像や農協改革・信用事業拡大に向けた取り組みなど、熱い想いを感じ取ることができた。
  • ●  当JAの状況を良く捉えているし、今後やるべきことも纏まっている。実践あるのみである。
  • ●  無くてはならない農協となるためにも、各部門を超えた新しい取り組みに積極的にチャレンジして欲しい。

第3期修了者の活動状況

  • ●  毎月CS改善のテーマを統一し、同一目標に向かってワイガヤ議論を実施。組合員・利用者の満足度向上も上がってきた。
  • ●  アクションプランに沿って大口先の訪問を支店ごとに実施し、完了した。巡回する中で組合員の合併への不安や悩みにも触れることができ、絆が深まった。
  • ●  渉外担当者会議で策定したビジョンを話したところ、「ビジョンを語る役員は初めてみた」と言われ嬉しかった。
  • ●  普段会うことの少ない三部門役員(総務企画、営農経済、信用共済)の月1回ミーテイングと月2回懇親会を主催、三部門の職員たちが部門横断でモノが言える、打合せができる雰囲気が出来始めている。